【6年生むけ】1月受験がうまくいかなかったら

受験生親の皆さま

いよいよ入試が始まりましたね。

1校目の受験が終了した方も多いのではないでしょうか。

合格した場合は、本命校受験までこのままの調子を維持して頂ければいいのかと思いますが、今回は1月校が残念な結果になってしまった場合についてお話をしたいと思います。

(「まだ受験してないのに縁起でもないこと言うな!」という方は、すみません。ここで画面を閉じてください。)🙇

実は我が子は、第1志望には合格したものの、実は1月に受けた埼玉での受験のうち1校は不合格でした。

※お試し校ではない学校です。 お試し校受験の話はこちら↓

我が子が落ちた学校は、私の中では志望順位がそこそこ高く、また過去問の出来も比較的良かった(他の学校が悪かった)ので密かに「この学校に入学することになるのではないか?」と思っていた学校でしたので、非常にショックでした。

不合格を経験したからこそ、目の前が暗くなり、周囲の酸素が一瞬で薄くなるような、あの発表の瞬間の気持ちは分かります…。

お子様の様子はいかがですか?

もし、落ち込みが激しいようなら、この先の入試に向けて、気持ちを立て直すことが先決です。ご両親だけでなく、塾や家庭教師の先生にもお願いしてお話をしてもらってください。

12歳での初めての受験。その結果が不合格。子供がショックを受けるのは当たり前ですが、受験がまだ終わっていないなら、早急に気持ちを切り替え、残された時間を大切に過ごさなければなりません。

言うまでもないことですが、塾や家庭教師の先生はプロです。これまでも同じような子を何人も立ち直らせ、その後の入試で合格をもぎ取らせている実績があるのですから、対応をお願いしてしまってもいいと思います。以前にも書きましたが、褒めたり、反省させたり…この匙加減は難しく、また親より他人の方が効果的な気がします。

少し気持ちが落ち着いたら、是非、なぜ今回だめだったのか、その原因分析をお子さんとしてみましょう。 (親も辛いので、可能であれば塾か家庭教師の先生にお願いしましょう)

想定していない問題が出て「もう無理だ」と思ってしまった、逆に得意な問題が出題され「これなら受かる!」と舞い上がってしまった。時間配分を間違えて最後まで解けなかった。とても緊張して問題が頭に入ってこなかった。睡眠不足や空腹で実力が出せなかった。

…いろいろあるでしょう。

「残念だったね」だけではなく、何が悪かったのか、冷静に考える時間を設け、次の入試に生かしてください。

我が子の場合、本人曰く、入試の間、「何だかんだあったけど、私は最後は受かると思ってた。これまでいっぱい頑張ったし!」「お試し校の受験より緊張しなかったし、まあ、この程度書いておけば大丈夫でしょ、と思ってた」とのこと。ずいぶん余裕があったようです。

……つまり、試験中に勝手に受かると確信していて、全力で問題を解いていなかったのでした。

最後にポツリと、「受験って本当に落ちることもあるんだね」と言ったときには、「え? 何をいまさら!?」と親は驚愕しました😲が、そこは幼い12歳、不思議な万能感(中二病?)があったようです。

我が子の場合、不合格を経験したことでようやくスイッチが入りました。今思えば、この時ようやく娘は「受験生」になったのです。

危機感からその後は勉強の集中力が上がりました。すると急に得点率が上がり、そして2月の合格となったのです。

ちなみに1月に落ちた学校は2月に合格した学校より偏差値も倍率も下の学校です。そして過去問の出来具合も、落ちた学校のほうが良かったのですよ。

…こういうこともあるので、受けてみるまで結果は分からないものだとつくづく思います。

私がこの時期辛かったように、皆さまも今は辛いかもしれません。でもまだ受験は終わっていません。2月の合格さえあれば、1月の不合格の傷はあっという間に癒えます。

私の場合、受験終了後に、たまたまその学校の近くを通る機会がありましたが、当時のような胸の苦しさはありませんでした。 「よくもうちの子を落としてくれたわね!」とは思いましたが(笑)

勝負はこれからです。一度不合格を経験した子は強くなりますよ!

塾の先生や家庭教師にも頼りながら、お子さんと最後まで走り抜けてください!

応援しています!!

タイトルとURLをコピーしました