【6年生向け】志望校の入試傾向を分析する(国語・社会編)

前々回、算数と理科の過去問傾向分析の話をしました。

というわけで、今回は国語と社会編です。

はじめにお伝えしますが・・私は当時、国語・社会も過去問傾向を分析しましたが、本番であんまり(ほぼ?)当たりませんでした。まあ、算数・理科に比べて傾向が掴みにくく、予想が難しいのは、分かっていましたので、それほど期待はしていませんでしたが、入試会場の保護者控室で問題を見て、あまりの当たらなさにドッと疲れたのを覚えています。

ただ、それでも、私のように 「何もしないのは落ち着かない!とりあえず足掻くだけ足掻いてみたい!」、または 「失敗談に興味がある」という方がいらっしゃるかもしれない、と思い、恥ずかしながら私がやった過去問分析を紹介します。

国語:受験予定の学校の傾向があっているかをざっくりみる

まずは、簡単なほうから。

受験を検討している学校の過去問の「志望校の傾向と対策」ページを見て、変わった傾向がないか調べます。例えば、第3志望あたりの学校のみ毎年詩や短歌・俳句が出るなどです。

国語が得意で、あまり時間をかけなくてもなんとかなりそうな子はいいのですが、そうでない場合、それほど志望順位が高くない学校のためだけに詩や短歌・俳句を勉強しなければならなくなるので、受験校からはずすかどうか検討してもいいかもしれません。

国語:物語文どれが出るか分析

はじめに、これは、最も時間がかかった割に、全く本番に当たらなかった分析だということをお伝えしておきます。

あまりの効率の悪さに何やってんだとドン引きされるかもしれません。すみません。

なお、こちらの分析をもし実行される場合は、題材となる物語が出版され出揃うであろう夏休み以降に行うことをおすすめします。

  1. 第1志望校の入試問題を見て、物語文の「タイトル」、「作者」を書き出し、年度別、入試回数別に並べ一覧にします。
  2. その一覧に、「ジャンル」、「主人公の年齢」、「出版社」、「出版年月」をチェックし、書き込みます。 (ジャンルと主人公の年齢は、入試問題文を読んで判別し、出版社、出版年月は、Amazonなどでググって調べます)
  3. その一覧表を見て、関連がないかどうか調べます。例えば、主人公の年齢は、十代が多いとか、出版年月は、それぞれ入試日の1年から1年半以内であるとか、そういう内容です。

特に出版年月は重要です。(絞り込みやすくなるから)

ここまでで、「傾向が全くない」という場合は、この分析はここで終わりです。しかし、 例えば、出版年月は過去1年~1年半に集中していて、かつ、ほぼ毎回十代の少年少女が主人公となど、ある程度共通点があれば、今年度の入試日から逆算し出版年月を予想し、その期間内に出版された物語のうち十代の少年少女が主人公のものを調査します。

・・・ここがとても大変です。 😓

該当する物語が数冊に絞り込めたら、書店などで実際の書籍を購入し、まず親が読んで、出題されそうな部分に付箋を付け、子供に読ませます。あらすじも親が説明します。

我が子は、「いや・・さすがにどれが出るか当てるのは難しいんじゃない?」と若干引きつつも、私が選んだ2つの物語文の付箋の付いた箇所を読んでくれました。

このようにすごく時間を掛けました。が、出ませんでした。我が子の貴重な時間を奪っただけという・・・。 😱

社会 記述、歴史の時代などからの分析

まず、『中学受験 第一志望に合格したいなら「社会」の後回しは危険です』に掲載されていた、出題傾向の分析をしてみました。記述量や漢字指定の有無で分類するのは、なかなか有意義でした。

ただし、歴史は、我が子の志望校の場合、それほど傾向が見えなかったです。

社会 キーワード分析

そこで、キーワード分析をしてみました。

・・・はっきり言ってこれもなかなかしんどい割に・・・ですが、まあ、一応ご紹介しますと、社会の問題を一つ一つ読んで、文中に出てくる単語をExcelなどに抜き出していくのです。解答も。

3~5年分くらいやって、キーワードごとにグルーピングして色付けします。戦争は赤、環境問題は緑、オリンピックは黄色など。

そして、「オリンピックはここ3年毎年出てるな」とか、「選挙がある前年には選挙や国会の話が出てる」とか傾向を探ります。例えば淑徳与野なら、「2016年は徳川家康が亡くなって400年」、「2018年は第一次世界大戦の終結から100年後」など、周年問題が度々出ているなとわかります。

このように大変な割に報われにくい分析を延々としましたが、少なくとも秋冬の親の精神安定(なんとなくやった気になっただけ?)にはなりました。まあ、世の中、こんなことする人もいるんだな、ということで…。

↓まだ過去問を買ってない方はこちらもどうぞ

タイトルとURLをコピーしました