緊急事態宣言で塾にも通えない! この春の過ごし方

前回の投稿から随分時間が空いてしまいました…。お久しぶりです。😅

新型コロナは未だに収束の兆しが見えず、ついには緊急事態宣言が出る事態となってしまいましたね。みなさま、お元気ですか?

私も東京に住んでいますので、家族と一緒に自宅に籠っています。

しかし、いくら中学生とはいえ、やはり子供が家にいると、仕事があまり捗らず、そうなるとこのブログを書く時間にしわ寄せがいくという状態になってしまいました。すみません。

…言い訳が長くなりましたが、そろそろ本題に入りたいと思います。

この春の過ごし方について、6年生と5年生以下に分けて書いています。

どの学年も、新しい単元が出たり、前に習った単元でも難しくなって再登場していたりすると思います。ただでさえ理解が大変なのに、宿題は多くなるし、おまけに今は緊急事態宣言が出て、授業は、映像や、書面での開催ですよね。思うように勉強が出来ず、困っている方も多いと思います。

6年生

6年生の学習内容は予習シリーズをお使いの場合、新出単元は、社会の公民だけですよね。

しかし、我が子の場合、今の時期、内容は5年のときより難しく、かつ授業はスピードが速くなり、結構大変だった記憶があります。

社会の公民については、国会のしくみや憲法の条文など、小学生には取っつきにくいと思います。

うちの娘も「勉強が面白くない。興味がない」とよく言っていました。

しかし、憲法の条文などは、模試や入試でも決まった条文や文言が出題されることが多く、実は点が取りやすい分野です。今は覚えられなくても、入試までに頭に入れてしまえばいいので、焦らず頑張りましょう。

算数は、5年の時より難しい問題が多くなると思います。正直、この予習シリーズ6年生上の問題は、偏差値55以下の子がこの時期にやるのは、全体的に難しい問題が多いのでは…と個人的には思います。(秋以降ならまだ分かりますが)

ですので、我が子のように偏差値50前半以下ながら、60位の学校を志望している、という子にはキツくなってきます。

ちなみに、予習シリーズは、下巻では、「難関校対策」「有名校対策」の2レベルに難易度が分かれます。そのレベルの境目は偏差値「55以上か」「以下か」だそうです。この話はまた後日。

特に6年上の練習問題は、我が子の受験した学校の入試問題を超える(多分)問題もありました。(もちろん中堅校でも難易度の高い問題が出題される学校もありますが、偏差値60くらいまでの学校なら、その問題を正解できなくても合格できるケースが多いと思います)

なので、この時期に苦戦してもそれほど悲観しなくて大丈夫です。

(仮にもし、共学や男子校で算数が難しい学校を受験する場合でも、「今の今」、入試レベルの問題が解けなくてもいいのです)

我が子に関して言えば、予習シリーズを親が見て、これはオーバースペックだなと思われる難しい応用問題はとっとと捨てて、基礎問題をコツコツと、組分けテストでクラスが下がらない程度に頑張っていました。

四谷大塚の組分けテストなら、テキストの基本問題が完璧に解けるようになれば、偏差値55くらいは取れるのではないでしょうか。

※頑張っても基本問題も解けないという方も、まだ大丈夫です。ほとんどの塾が夏休み中に再度、基礎問題のおさらいをします。

とはいえ、章の最初にある「ポイントチェック」は、5年までに習った内容の復習です。これは基礎の基礎ですので、分からないところがあれば今のうちに必ず潰しておくようにしましょう。

もちろん、算数が得意なお子さんはどんどんやればいいです。

なお、4教科ありますが、中心は、まだこの時期は、「算・国」で大丈夫だと思います。特に算数の苦手分野は、休校中のこの時間のある間に復習するといいですね。

5年生以下

特に5年生は、4年生よりぐっと内容も難しくなり、しかも6年生のように一度習った単元ばかりでなく新出単元もありますから、実はかなり学習が大変なのではないでしょうか。

親御さんもお忙しいでしょうが、出来るだけお子様の状況を見てあげて、これはまずい、と思ったら出来る範囲で助けてあげてください。理科や社会は、一緒に予習シリーズを一緒に音読し、ちょっと親が補足する程度でも、かなり理解が違うと思います。

算数は、親が教えられない場合は、塾に行けない今の時期だけ家庭教師を探したりしてもいいかもしれません。(オンライン対応が可能な家庭教師・個別指導も最近は増えているようです)

まとめ

今は、新型コロナウイルスで塾にも通えず、先生に質問もしづらい状況かもしれません。

親も大変ですが、子供も(口では生意気なことを言っても)不安だと思います。

この時期、必要以上に焦る必要はありませんが、出来る範囲で親が子に寄り添いつつ、うまく乗り切れるといいですね。

タイトルとURLをコピーしました