習い事をやめるタイミングはいつ? ずっと続けてもいい?

お久しぶりです。

ちょっと仕事が立て込んでいて、しばらく更新が途絶えておりました。すみません。🙇‍♀️

さて今日は、中学受験を目指す、主に5年生以下の方で子供が習い事をしている方むけに、どのタイミングで習い事をやめるべきか(受験が終わるまで中断すべきか)について実際に私と私の周りのお子さんがどうだったのかを書こうと思います。

中学受験を目指し、塾通いが始まると、だんだんと他の習い事をする時間がなくなってきます。

それでも、幼い頃からずっと通っている、子供が楽しんでいる、仲の良いお友達がいる、などの理由で、中学受験のために習い事をやめるのを躊躇してしまうかと思います。

特にお子さんが気に入っている習い事ならなおさらです。

習い事といっても様々ですし、志望校と今現在の学力との差や、お子さん自身の性格や体力によってもやめるタイミングは違うと思いますので、正解はありませんが、親子で考える検討材料になれば幸いです。

節目の時期

  • 4年生になったら
  • 5年生になったら
  • 5年の夏休み(5年の2学期からは重要単元が出てくるので)
  • 6年生になったら

娘の周りでは、5年生のタイミング(塾で5年のカリキュラムが始まる4年生の2月)が多いように感じました。しかし4年生でも受験を理由にやめたり、複数の習い事をしている場合、数を絞ったりする子は複数いましたし、6年になっても続けている子もいました。

習い事の発表会や大きな試合が終わった後

日頃の成果を発表する場が終わったタイミングでやめる方も多かったですね。

上記2つの場合、どちらも、できれば事前に余裕を持ってお子さんと相談し、「〇〇になったら引退しよう」などと決めておけば、お子さんも心の準備ができると思います。

私の周りではこういった節目の時期が多かったように思います。

塾の宿題が終わらないなど、勉強に支障が出てきたとき

どの塾も、4年<5年<6年と宿題が多くなります。

習い事にもよりますが、ほとんどの方が、どこかのタイミングで、習い事をしていると宿題が回らなくなってくると思います。💦

運動系の習い事などは、終わった後はぐったり疲れて勉強できないものもあると思いますし、その時に判断するのもありかと思います。

成績が伸び悩んだとき

学年が上がってくるにつれ、周りの子もちゃんと勉強するようになり、なかなか偏差値が上がりにくくなってきます。志望校へ学力が届いていない場合、今より学習時間を増やそうとすると習い事に行っている時間がネックになってくると思います。

我が子の場合

ちなみにうちの子は、ピアノと水泳の2つの習い事をしていました。

水泳は小さな頃から通っていたので、親バカながら結構上手で、同級生の子の中では一番上のクラスに所属しており、本人も非常に楽しく通っていました。

ですので、親としては、やめてしまうのはもったいないのでは? と思っていましたが、5年生の2月から5年生のカリキュラムが始まった後、宿題が大変になり、1か月後の3月に、子供のほうからやめたいと言い出しました。

ピアノは年に一度、春の発表会が終わったタイミング(5年生の6月)にやはり娘の方からやめたいと言い出しました。

この頃、小学校でも中学受験組は習い事をやめていく子が多かったので、娘なりに考えたのかもしれません。

うちの場合、どちらかと言うと当時は私のほうが続けたがっていましたが、水泳は体力を使うので、泳いだ後は眠くて勉強できず、ピアノは毎日レッスンが必要な習い事なので、意外と時間を取られるため、今振り返ってみても、これ以上続けるのは厳しかったと思います。

体力面でそれ程きつくなく、毎日練習が必要でもない習い事であれば、もうちょっと続けられたかもしれません。

ずっと続ける子もいる

一方で、娘の友達には受験の1か月前までピアノを習っていた子もいました。

その子のお母さんは「家であまり勉強しないのよー」と愚痴をこぼしていましたし、習い事をやめさせたがっていましたが、子ども本人は将来ピアニストを目指していて、「やめたくない。中学受験もピアノも両方やる」と言ってきかなかったそうです。

しかしこの子はとてもしっかりしたお子さんで、受験勉強とピアノを見事に両立させ、そのまま第一志望の中学に合格し、進学しました。

中学生になってから再開する

娘のお友達でバレエが好きな子がいました。この子は5年生の夏休みで中断したものの、中学受験が終わったらすぐに、再開しました。

また、剣道を習っていた男の子も5年生でやめた後、中学で剣道部に入り、頑張っているそうです。

2人のお子さんのママとその後話をしましたが、どちらも「中学受験で中断しても、すぐに取り戻せる」と言っていました。

確かに、将来的にプロを目指している場合はともかくとして、ほとんどの習い事は、子どものやる気さえあれば、中学に入ってから再開しても遅くはないですね。

習い事によりますが、若い子供たちなら、すぐにカンを取り戻しそうです。

いかがでしょうか。

中学受験の勉強を続ける上で誰もが一度は悩む習い事をやめるタイミング。正解がないぶん、決めるのは難しいですよね。お子さんと話し合う際の参考に、少しでもなれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました