夏休み中にやったほうがいいこと(いろいろまとめ)

お盆も終わり、夏休みも後半ですね。

塾の夏期講習がまだまだ続いていると思いますが、これまで書いた記事の中で、夏休み終了までにしておくべきこと、したほうがいいことをまとめてちょっと振り返ってみたいと思います。8割以上過去記事のまとめですが、ちょっとだけ新しい話もありますので是非読んでください。(後半には5年生以下向けの内容もあります)

6年生

まずは前回記事で勉強の話をおさらい

志望校・併願校を決定する

そろそろ一旦、志望校・併願校を決めなくてはいけない時期ですが、いかがでしょうか。

悩んでいるようなら、塾の先生に相談したり、学校説明会に足を運ぶなどして決定しましょう。

(「予定」はあくまで「予定」。今後変わる可能性はありますが、2学期以降は過去問を解き始めるので一旦決めておきましょう)

↓お試し校についてはこちら

過去問入手

併願校の分もあわせて過去問を入手しましょう。

過去問分析

第1志望~第3志望くらいまでの学校の傾向分析をしましょう。

これ、結構大変なのです。親の土日が潰れます。まだ手を付けていないという方は9月上旬でも構いません。…実は私も9月の初めにやりました。

過去問演習の実施予定回数をざっくり決める

早稲アカ生なら塾で予定を立てさせられると思いますのでここは読み飛ばしてOKです。

塾で予定を立てない方は、どの学校の過去問を何回分くらい解くか目安を考えておいてください。

いつから過去問演習を開始するかは塾の先生の指導によると思いますが、2019年9月以降1月末までに、週末は22回しかありません。(8月31日と9月1日の土日も含む)

実際には、合不合判定テストなどの模試受験や、1月は埼玉・千葉校の受験、運動会などの小学校の行事や体調不良などさまさまな出来事があり、過去問演習が出来る日はもっと少ないと思います。

しかし、併願校含め、みなさん5、6校は受験予定としている方が多いと思いますので、本当にタイトなスケジュールになります。

たとえば、

  • 第1志望校×5回
  • 第2志望校~第5志望校×3回

などとするとそれだけでもう17回分になってしまいます。

過去問演習の得点状況で後日変更になると思いますが、ざっくりでいいので、どこの学校をどれくらいすべきか、はやめに予定をたてましょう。(予定が立てられなければ塾や家庭教師の先生に相談するといいと思います)

過去問を印刷するA3プリンタ(複合機)をどうするか決める

悩ましいA3プリンタ(複合機)問題。過去問演習が始まる前にどうするか決めましょう。

遠方の学校を受験する方はホテル予約

受験が近付くと、学校近くのホテルは満室になる可能性がありますので、今のうちにネットで予約するのがおすすめです。特に1月10日に埼玉受験される方は早く予約しましょう。(予約の際は、万が一、予定を変更して受験しなくなった場合に備え、いつからキャンセル料金が発生するのかメモしておくと良いです)

2学期以降のオプション考える

6年生の2学期以降、過去問演習も本格的に開始すると、あわただしく時間が過ぎて行きます。オプションは本当に必要なものだけにしましょう。

5年生以下

5年生は算数の苦手分野の復習を

5年生の2学期の算数は、難易度が上がり、受験に重要な単元が目白押しです。ここまで習ったこと、特に苦手な分野の復習は夏休み中にしっかりやっておきましょう。

歴史漫画を読む

2学期からは歴史が始まります。多くの塾では夏休み中に歴史漫画を読むよう指導があると思いますが、まだ読んでなければ読むことを強くお勧めします!

昔と違ってテレビで時代劇を目にする機会がほとんどなくなり、「江戸時代」などと言ってもイメージが沸かない子が多くなっているようです。漫画で一通り世界観をイメージできるようになっているのといないのでは、2学期以降の歴史の授業の理解度に差がでます。

いくつかの出版社からか出ていますが、うちの子は、絵がイマドキな感じの集英社版が気に入ってました。

学校比較表を作る

まだまだ長い受験生活。来年の今頃、「あの学校…どんな学校だったっけ?」などとならないよう、学校説明会に行ったら忘れないうちに学校比較表にまとめましょう。

転塾を検討中の方

転塾は原則5年の2学期が始まる前までに、ですよ。

全学年共通(夏休み中にすること)

2学期以降に使用する文房具などの準備

赤ペンや蛍光ペンなど使用頻度の高いペンのインクが無くなっていないかチェックしましょう。

消しゴムも減っていませんか?あまり小さすぎると消しにくいです。模試の日に備え、2、3個は常備しましょう。

小学校用品もチェック

「2学期に必要なもののお知らせ」がお子様のランドセルの中に眠っていませんか?笑

始業式の前日、コンパスや雑巾がない!などと慌てなくていいようにチェックしましょう。

学校の上靴も、夏休み中に意外と足が大きくなっていて入らない・・なんてこともありますよ。

↓2学期になったのでこちらもどうぞ

タイトルとURLをコピーしました