お試し校は選び方が大事! どこにするかもう決めた?

6年生は併願スケジュールを考えている頃だと思います。しかし、意外とどうするか悩ましいのがお試し受験。

志望校、併願校は塾とじっくり相談するでしょう。一方で、お試し受験校についてはあまり考える余裕もないのではないでしょうか。

という訳で、今回はお試し受験の学校選びについて書いてみます。個人的な意見なので塾の先生と違うかもしれませんが、参考までにお読み下さい。5年生以下の方もぜひどうぞ。

お試し受験とは、志望校の入試本番の前に、練習のために別の学校を受験することで、 一般的には合格しても、通う方は少ないです。

※ちなみに2月入試の東京の学校が本命の方で、1月入試の埼玉のある学校が第3志望くらいの場合、この埼玉の学校はお試し受験ではありません。この第3志望の入試の前に、どこか他の学校を受験することをお試し受験と言います。

「お試し」って相手にちょっと失礼な言葉ですが、学校側も受験料収入で施設などの充実をしているので遠慮することはありません。

知り合いに、お子さんが埼玉にある栄東中学校(受験者数日本一の学校です)に通うママがいるので、以前、「東京方面からのお試し受験生を在校生の親たちはどう思っているのか?」と聞いたことがありましたが、「受験料収入で学校の施設がどんどん充実してるし、お試しだってぜーんぜん抵抗ないよ。むしろウエルカム♪」と言っていました。確かにお試し受験が多い学校は、学費の割に施設が立派な学校が多いです。

1回2万円くらいの受験料に交通費、時間と労力、人混みで病気をもらってしまうリスクなどを考えると、あえて受験しない選択肢もありですが、言うまでもなく、中学受験を受けるのは、12歳の子供。合否の半分は当日のメンタルで決まる、と言われていますし、余程肝の据わった子を持つ方以外、日程的・距離的に受けられる学校があるのであれば、殆どの方が受験するのではないでしょうか。

ほぼ間違いなく合格できるところを選ぶ

お試し受験校を選ぶ際は、「本番の雰囲気を体感し、本命受験に向けて弾みを付けさせる」という本来の目的から考えると、当日、たとえ子供が緊張でガチガチになったり、体調が悪かったりしても、まず間違いなく受かる学校を受けるべきです。

「お試し受験とはいえ、こんな偏差値の低い学校はちょっと…」などという親の変な見栄やプライドは捨てます。(余程子供が嫌がる学校でなければ)

どうせ通わないのであれば、どこの学校でも合格は合格です。そもそも、お試し校の過去問対策も殆どする時間はないでしょうし、ここで無理をしないほうが賢明です。

(中には、「塾の先生や親の言う事を全然聞かない、勉強しない子の鼻を折るためにわざと不合格になるような学校を受験させる。そして2月に向かって勉強させるように仕向ける。」という難度の高いテクニックもあるようですが、塾の先生の高度な指導力と、親のメンタルの強さも相当必要なので、今回は省きます。)

スタンダードな問題が出るところを選ぶ

多くの中堅校以下の学校はスタンダードな問題しか出ませんが、中には変わった問題を出す学校もあります。そういった学校をお試し受験校にしてしまうと、まさかの不合格となることがありますので十分注意してください。

得点開示はあまり意味がない

塾の先生でも見解が分かれるようですが、私の個人的意見を書きます。

模試のように入試の点数を開示してくれる親切な学校が存在します。(栄東、埼玉栄など)

膨大な受験生の答案を採点し合否を出すだけでも大変なのに、短期間で得点や順位まで集計し開示してくれるサービス精神のある学校には本当に頭が下がります。しかし、本命校と同じ入試問題・同じ受験生という訳ではないので、その成績にあまり意味はありません。また、試験が終わった後、間違ったところの見直しも(多分)しません。

受験する学校がたまたま得点開示してくれる学校なら、それはそれで有難く参考にすればいいかもしれませんが、それを目当てに受験する必要はないと思います。

入試会場の観点からの学校の選び(関東圏の受験生の場合)

入試会場の観点から、学校選びを考えてみます。2パターンありますが、どちらが正解という訳ではなく、それぞれメリットデメリットがあります。

(受験費用がかかるのと人混みの病気感染リスクはどちらもかかるので省いています)

1.埼玉、千葉などにある学校を受験する

  • メリット:入試本番の雰囲気を体感することができる。
  • デメリット:入試会場が自宅から遠い場合が多く、時間も体力も必要。

2.地方校の首都圏入試を都内で受験する

  • メリット:入試会場が都内であることが多く、近いので、時間と体力をセーブできる。
  • デメリット:埼玉などの入試に比べ、ややお試し受験生の割合が多いのか? 比較的子供たちに緊張感が薄く、会場によっては模試とあまり変わらない雰囲気になる。

我が子が女の子だからでしょうか? うちの場合、塾の面談では、自宅から近く体力的に楽ですよ、と「2の地方校の首都圏入試」を勧められました。具体的には、長崎日大、早稲田摂陵、などです。 都内在住なので確かに近いですけどね。

ただ、我が子は、淑徳与野を志望校の一つと考えていたこともあり、埼玉という遠方での受験そのものも練習したい、という意味で埼玉栄中学校を受験しました。(我が家の体験談は一番下のリンクからどうぞ)

結果的に埼玉栄を受験したことは、その後の入試においてとても良かったと思います。

なお、埼玉、千葉など遠方を受験する場合、ホテルに前泊するという手もあります。お金はかかりますが、特に栄東・埼玉栄の受験日である1月10日は東京方面からの電車が相当混雑しますので、検討してみてもいいかもしれません。

学校に近いホテルは直前にはほとんど一杯になってしまいますので、迷っているのであれば、とりあえず早めに予約したほうがいいです。(栄東は関東圏以外からもお試し受験生が来るらしいです)私は、年末になってから、ホテルを探しましたが、時すでに遅く、アクセスが良くてお手頃な価格のそこそこキレイなホテルはほぼ一杯でした。

いずれにしても、埼玉、千葉など遠方を受験するか、地方校の首都圏入試をするかは、お子さんの体力などと相談しながら決めてください。

入試は、最初が肝心です。最初でつまづくと、子供が大きな精神的ダメージを受け、その後の本命校受験にも影響が出る可能性があります。どうぞ学校選びは慎重になさってください。

↓我が家の体験談も公開してます。

タイトルとURLをコピーしました