【女子校①】学校説明会や文化祭に行った話(女子新御三家編)

学校説明会・文化祭の印象についての話、まずは憧れの新御三家編です。

(新御三家って言い方、どうかという意見もありますが、まとめやすいので使わせて頂きますね)

子供の受験時に行ったので過去の話かつ、感じ方は人それぞれですが、学校訪問先選択のヒントにしていただければ幸いです。最新&実際の情報はどうぞ学校に行ってお確かめください。

豊島岡女子学園

もはや御三家と並ぶどころか追い抜きつつある超難関校。2018年度から文部科学省のスーパーサイエンスハイスクール(SSH)指定校になったそうで、ますます理系を目指すお子様に人気が出そう。勉強はもちろん、キャリア教育もきちんとしている様子。

場所が池袋なのが治安面で気になってましたが、実際行ってみると、池袋駅からずっと大通りを歩くので特に気にならず。敷地は狭いながらも施設は充実。シャンデリアが素敵。

元裁縫学校だったそうで、毎朝5分の運針が有名ですが、印象深かったのは文化祭の時にみた生徒さんの実演。速っ! 人間離れしている! 高速過ぎて手元が見えません!

勉強ガリガリやらされてるイメージでしたが、文化祭は展示も多く、面白かったです。学力的に我が子が入れるかは置いておいて、勉強もそれ以外もしっかり頑張る元気な生徒が多い感じでよいです。

↓こちらの本も参考になりますよ。

鴎友学園女子

学校説明会では、男女の成長の違いを認識した上で、どのように女子を教育していくかという話がありました。例えば、男女の脳の発達過程には違いがあり、理系科目に必要とされる抽象化能力は女子のほうが比較的成長が遅いので、中一での理科は生物しかせず、物理など抽象度の高い分野は上の学年で履修する等。入試問題もカラーで印刷されており、これも受験生が見やすいように、興味を持って解けるようにと考えられているようです。

全体的に先生が生徒のことを真摯に考えている姿勢が伝わってきて好印象でした。

我が子をここに入れたい! と思い、会場で販売していた入試問題を購入するも、帰りの電車の中で見て、あまりの記述の多さに愕然としました…。学校が求めている子は何となくわかるし、我が家の教育方針も合うけど、果たして我が子にこの記述が書けるのか?! と…。

文化祭は、生徒のやる気の問題か、予算の問題か、準備時間の問題か、生徒の自主性を大事にして先生の指導が少ないからか、私が行った年たまたまだったのかわかりませんが、この三校の中で一番無難な感じでつまらなかったです。

校舎は公立っぽい素朴な感じですが、悪くないです。畑があるのもいいなと思いました。

↓こちらは、名誉校長の吉野明先生の本。思春期の女の子の扱いについてとても参考になります。鴎友志望の方だけでなく、全ての女の子の親御さんにオススメ!

↓鴎友学園の紹介本。この作者の方はいろいろな学校の紹介を書いているので、比べてみると面白いです。

吉祥女子

文化祭の楽しさ、熱量は3校の中でナンバー1!

催し物もたくさんあり、見どころたくさん! 我が子は「一番楽しかった」と言ってました。

しかし、学校説明会での教育内容は他の2校に比べ割とフツー? 校風も自由な印象で、先生がイチイチ言わず生徒に自分で考えさせるようでした。

個別相談で勉強のことを質問してみましたが、生徒自身が自主的に…、との話が多く、子供が自分で考えて勉強するタイプなら、青春も謳歌できてとても楽しい学校生活になりそうです。(反対にがっつり面倒見て欲しいと思っている親御さんにはどうかなあと思いました。)

というわけで女子新御三家でした。😊

↓その他の女子校はこちら

タイトルとURLをコピーしました