塾の先生に志望校を変える(下げる)ように言われたら

塾の先生と面談や電話でお話する機会もあると思います。

その際に、「志望校を変更するように言われたらどうするか?」 について考えてみたいと思います。

私も含め、周りでも言われた方がいます。当時はとても悩んだので、同じように悩まれる方の参考に少しでもなればなあと思い、書くことにしました。

我が子の場合

志望校について、娘のクラスの先生と話す機会は何度もありました。

5年生くらいまでは、実力不相応な学校(=現在娘が通っている中学校)の希望を出しても、「まだまだこれからですよ。合格目指して一緒に頑張りましょう!😄」な対応でした。

それが6年くらいになると、「こちらを受験するなら夏までに、偏差値を〇くらい上げたいですね」だとか「△△中学(もっと偏差値の低い学校)の説明会行きました? あの学校いいですよ」などと、現実的な事を少しずつ言われ始めました。

ただ、まだ過去問演習が始まる前の時期でしたので、「過去問の様子を見て考えましょう」ということになりました。

その後、9月から過去問演習を開始しましたが、なかなか合格最低点が取れませんでした。

↓過去問演習についてはこちら

「変えた方がいい」

とハッキリ言われたのは、1月の受験に落ちた直後です。

面談に行った私に先生は、「まだ、この学校受けますか?」「第1志望と第2志望、両方、もしくは、せめてどちらか1ランク落とした学校にしませんか」と仰いました。

言われた時は、「え? 過去問演習もほぼ終わった、このタイミングでそれ言います!?」と思いました。

私は、併願校の中に合格最低点を取れていた学校もあったので、何とかなるかなと思ったのですが、先生からは、「2月2日の午前までにもう1校確実に合格できるところを組み入れないと、危険です」と結構強めにハッキリ言われました。

偏差値が届いていない上、過去問の出来も悪い、1月受験も不合格、となれば、「志望校を下げたほうがいい」と言う先生の気持ちも分かります。

しかし、私は、1月受験終了後、何となく我が子が少しずつ伸びている感覚がありました。

それに、第1志望も第2志望も、親子で熱望していた学校。受験まで1か月を切ったタイミングで受験するのをやめると、子供のモチベーションにも影響しそうでした。

加えて、たとえ別の学校に変えて、そこで無事合格を貰っても、また不合格になったとしても、きっと後悔するだろうなと思いました。

また、2月校が全滅しても、1月に受験したお試し校に行くという選択肢もありました。(お試しとは言え、この学校、結構気に入っていたのです)

↓お試し校受験についてはこちら

ということで、うちの場合は結局、志望校は変えませんでした。

が、そうとう悩みましたよ。今振り返ってみても、当時は精神的に一番キツイ時期でした。

ちなみに子供には、全ての学校の入試が終わるまで、この話は一切伝えませんでした。(動揺するタイプなので)

塾の先生に言われた通りに志望校を変えるべきか

「塾の先生はプロだから、プロの言う事には従ったほうがいい」という考え方も分かります。

先生だって、「子供が行きたいところ」、「少しでも偏差値が高いところ」に合格させてあげたいと思っているはずで、わざわざ「志望校を下げたほうがいい」と言うのはよっぽどのことでしょう。

しかし、集団塾の場合、先生は結局、あなたのお子さんを集団の中の1人としてしか見ていません。

特に、偏差値や、過去問の点数のみを根拠に、「変更したら?」と言われた場合は、特に慎重に検討しましょう。

たとえ、「点数だけでなく、授業での様子も見た上で志望校を下げるべきと言っている」と言っても、結局その先生はおそらく我が子を1教科だけしか担当していないはずで、他の3教科はやはり点数しか見えていないのではないでしょうか。

反対に、親は素人ですが、我が子だけを見ているので、「子供の学習面の弱点」や、「受験まで真面目に勉強を継続できるか否か」、「本番に強いタイプか」、「親(または家庭教師など)が受験まで勉強のフォローをできるか」など様々な観点から判断できます。

※家庭教師を利用している場合は、その方の意見も聞けるといいですね。

子供に決めさせるという判断もあるかもしれませんが、子供はまだ受験もしたことない12歳です。

時期にもよりますが、「先生がこう言っているけどどうする?」と聞くとそれだけで動揺するでしょうし、受験直前になって「もう、第1志望には受からないんだ」と落ち込んでしまうと、入試にも影響がでるでしょう。

最後は、親が決めるしかありません。

私と同じように塾の先生に言われて、志望校を変更した方も知っています。

その方は、

「どうしても、2月1日の午前で合格して、早く安心したかった」

「変更した方の学校も気に入っていたし、第1志望がダメだと、併願校はかなり偏差値が下がることになるので、それは嫌だと思った」

と言っていました。現在は変更した方の学校に通い、楽しい学校生活を送っています。

志望校を変更する(下げる)のは、本当に難しい決断です。

特に第1志望の学校は、子供のモチベーションの源になっている場合が多く、直前の変更はリスクが伴います。

しかし、受験まで時間があった時期は「まだ時間はあるので、これから頑張れば…」のような話を塾側も言いますし、親もそう思います。変更すべきか、そしてその判断はいつするのかは本当に難しいですね…。

私としては、志望校を「変えない方がいい」「変えた方がいい」とどちらも言う事はできません。

ただ、「志望校を変えた方がいい」と受験のプロに言われ、絶望している方に「変えなかった人もここにいますよ」ということはお伝えしたいです

親子で「変更してもいい」と思えれば、もちろん変更してもいいですし、「変更できない、したくない」という場合は、頑張ればいいと思います。

いずれにしろ、「〇〇先生が言ったから」と決めるのではなく、ご自身で慎重に考えてくださいね。

塾の先生は心配してくれますし、合格していい結果で終わって欲しい、と思いアドバイスしてくれていますが、「変更せずに最後まで足掻きます!」 という決断をしても応援してくれるはずです。

ご自身とお子様にとってどれが一番後悔しない道なのか、よく考えて決断をしてください。

なお、変更しない場合は、勉強するのはもちろんですが、

  • 1月校の中に通ってもいい学校を見つけ、本命受験前に合格を貰っておく
  • 併願校に安全校を2校くらい入れる(できるだけ2月2日の午前までに確実に1校受かりそうなところを入れる)
  • まさかの場合は公立でもいい、という覚悟を持つ

と、このうち一つでもできれば…という気がします。

応援してます!🐔

↓志望校を変えるか否かについては、こちらもどうぞ

タイトルとURLをコピーしました