中学受験を考える小学生にスマホ、タブレットを与えるべきか

最近は、周りでも小学生でもスマホやタブレットを持っているお子さんが結構いますね。

ということで、今回は小学生にスマホ・タブレットは与えるべきか? について書いてみたいと思います。

まだお子さんにスマホもタブレットも与えていない方

賢明な判断です。

中学受験をするなら、小学生のうちは、スマホもタブレットも与えないほうが絶対いいです。

我が子は小学生時代、携帯はキッズケータイでしたが、実は小学4年生の頃からタブレット端末を持っていました。Wi-Fiのみ接続可能でしたので、自宅でしか使えず、その内容もブラウザ、カメラ、写真、地図、電卓、メモ帳、YouTube、簡単なゲームアプリ(2種類)のみでしたが、それでも暇さえあればずっとタブレットを触りたがるようになりました。

確かに、勉強の時、例えば「菜の花ってどんな花なのか、写真をみたい」「コオロギの鳴き声は?」「漢字とその書き順を調べたい」などという時、タブレットがあると簡単に調べられ、便利です。

↓以前YouTubeの替え歌を使った勉強もご紹介しました。

しかし、これは、親のスマホやタブレットをその時だけ貸せばいいだけの話です。

子供に与えてしまうと、菜の花の画像を検索していたつもりが、いつの間にか某アイドルグループの画像サイトを開いて…なんてことはよくあります。

一旦見始めると、なかなか止められないのです。大人の方も心当たりがある方が多いと思いますが、ネットには中毒性があります。

我が子の場合、私が不在の時にじぃじとばぁばが子供にタブレットを(勝手に)買い与えてしまったのですが、それでも「最初の時、子供から取り上げて入れば…」と何度も後悔しました。

なんとか受験は乗り越えたものの、タブレットの使用をめぐり何度子供とバトルになったことか…。 タブレットを破壊したくなったのも一度や二度ではありません。

また、幸い我が子の場合は、周りの子もスマホ保有率が低く、LINEは使っていませんでしたが、もし、スマホがあって子供同士のLINEグループに入ってしまうと、連絡が来るたびに子供がソワソワして勉強に集中できなくなったことでしょう。考えただけで恐ろしい…。😱

スマホやタブレットが無ければ、「持ってないから」の一言で、角を立てずにLINEを使わなくて済みますので、やはり持たないほうがいいですね。

我が子が持っていたキッズケータイも、メッセージを送受信することはできますが、機能が少ないことと、スマホに比べ、文字入力がしづらいので子供も頻繁に使ったりしませんでした。せいぜい、親の私と「もうすぐ帰る」など事務的な連絡をする時に使うくらいでした。

もう既にお子さんにスマホやタブレットを持たせてしまっている場合

ルールをきちんと作って、使用を制限しましょう。

「夜〇時以降は、親が端末を預かる」「1日あたりの使用時間は〇時間以内」など口頭で決めるのもいいですが、「もうちょっと待って~」などと言い出す子供と喧嘩になりそうなら、あらかじめシステムにルールを設定することで、制限することも可能です。(iPhoneならスクリーンターム、またはグーグルならファミリーリンク機能です)

↓スマホの制限方法はこちら

特に、勉強中は絶対に使わせないほうがいいです。算数の複雑な計算の際に、面倒だからと電卓機能を使わせたりしないようにしましょう。(うちのことです)

もちろん、不適切な内容が表示されないようにフィルタリングもしますし、「知らない人とのSNSのやりとりは禁止する」、「友達や自分の画像をネットにアップしない」など、トラブルにならないように指導することも必要です。

特に使用時間については、今まで緩いルールしかなかった場合、厳しくするのはとても大変ですが、子供と話し合いつつ、頑張りましょう。

ルール作りを失敗した我が家では、6年生の冬休みに、暇さえあればタブレットに没頭する娘を見て、何度も喧嘩になりました。ただでさえ余裕がない成績なのに、何をやっているのかと。💢

リビングで勉強していても、親が目を離すと、こっそり膝の上にタブレットを置いてみていたこともありました。

塾の先生との面談時に相談すると、「受験が終わるまで塾のほうで預かりましょうか?」と言っていただけたので、本気でそうしようかと思った時期もあります。(結局、子供が反省したので塾に預けることはありませんでしたが)

もし、6年生のお子さんでスマホやタブレットが手放せなくて悩んでいる方は、塾の先生に預かってもらえないか、一度相談してみてもいいかもしれません。(ゲーム機なども)

ちなみに中学生になったら、娘を含め周りではほとんどの子がスマホを持つようになりました。うちもときどき喧嘩しつつも、ルールの範囲で使わせています。

↓スマホ利用ルールの話

タイトルとURLをコピーしました