社会の学力アップ!苦手単元克服のためのおすすめ問題集

おすすめ問題集、社会編です。

↓算数編、理科編はこちら

6年生だと、そろそろ社会の総復習にとりかかっているのではないでしょうか。

5年生以下の方も、地理や歴史の復習に是非どうぞ。

社会は、知識系、記述の2つに分けて実際使って良かった問題集を記載します。

なお、社会は毎年内容が少しずつ変わっていくので、最新版のものを購入するようご注意ください。

知識系

なぜか、早稲アカには『理科の基本事項』のような一問一答式のテキストが社会にはないんですよね…。

そこで我が家はSAPIXの『コアプラス』を使って知識の総点検をしました。5年生の夏休みに地理部分を復習、6年生の夏以降、塾で『四科のまとめ』を使って知識の総復習が終わったくらいから、歴史と公民もやりました。

間違えた問題の横にカラーペンで印をつけながらまず1周し、2周目以降は、また別の色のカラーペンで間違えた問題に印をつけました。何度も繰り返すと、よく間違える問題はカラフルになっていき、記憶に残るようです。何周もするのは大変ですが、2周目以降は間違えたところだけなので、だんだんと早くできるようになります。でも、できれば、5年生の夏休みあたりの時間があるうちに地理だけでも1、2周やっておくと、6年になってから楽だと思います。

偏差値60前後までの学校なら後半の応用問題はやらなくていいと思います。

ちなみに、入試直前に全体をもう1周しようと思いましたが、子供が飽きたというので、日能研の『メモリーチェック』をしました。(重要そうなところだけ選んで半分~3分の2くらいやりました)

『メモリーチェック』のほうは、一問一答式ではなく、空欄穴埋め問題の形式。『コアプラス』より問題数も少なく、コアプラスの後だと易しく感じたようです。

過去問の類題演習としてはこの3冊

上記の『中学入試 でる順過去問』と『社会 (中学入試の最重要問題)』は出題率が%や星の数で表示されており、効率よく入試対策が出来ます。

↑こちらは、試験によくあるような長文が掲載されており、まずそれを読んで後の問いに答える形式の問題がたくさん載っています。文章が長いため、その分上2冊より、解くのに時間はかかりますが、より実践的だと思います。子供はちょっと聞き方が変わると、分からなかったりするので。

記述

記述問題が出る学校を志望校にしていたので、こちらも使いました。

理科と場合と同じく、社会の復習が一通り終わって知識もそこそこインプット完了し、過去問も始めた10月頃からやりました。

記述は、子供の苦手度が高かったこともあり、使い方も、理科と全く同様に、答えを丸写しするというやり方で使いました。うちではこれを「写経」と呼んでいました。 😆

ひたすら問題を読み、答えを見ながらテキストに書き込む、という作業を繰り返しました。答えを覚えるというよりは、問題に対し、「この程度の答え方をするのか」という、答え方をイメージできるようになることが重要かなと思います。

理科と並行して使いましたが、写すだけなので、毎回、所要時間は2教科で30分~45分くらいです。

1冊終わるころには、過去問の記述も結構かけるようになりました。

記述が得意なお子さんならちゃんと解いてもいいと思います。その場合も、模範解答をしっかりと子供に読ませましょう。

以上、社会でした。社会は一度覚えても、しばらくすると忘れてしまうことが多いので、何回もとにかく繰り返していくしかないです。上記の問題集は、最初から最後までやる必要はなく、「苦手なところだけ」「重要そうなところだけ」を選んで、入試まで何度も繰り返すつもりでじっくりやってください。

↓暗記には以前組分けで紹介した、Youtubeを使うのもいいですよ。

タイトルとURLをコピーしました