中学受験半ばで転塾を考えたら(関東圏むけ)

成績が下がった(または伸びない)、子供が塾を嫌がるなど、長い中学受験生活で何かの問題が発生し、転塾を考えることは多くの方にあるのではないでしょうか。

こんなはずじゃなかったという状況の中で、今の問題が塾にあるように思うなら、それも当然かと思います。

以前、塾選びの記事を書きましたが、今回は転塾について書きたいと思います。

なお、転塾を推奨するのものではなく、あくまで、もしも転塾するとしたら? という観点での考えを記載したものです。

ご存知のように中学受験において塾の役割は大きく、転塾は重要な決断になりますので、実際に転塾する際は、塾と相談し、また体験学習をするなどして、必ずじっくり考えてからにしてください。

転塾を成功させるために

合格実績や雰囲気が子供のタイプに会うかどうか、先生は信頼できそうか、など塾選びの基本ともいえる事項の検討はもちろん、転塾は下記の要素も考える必要があります

転塾のタイミングは原則5年の2学期開始前まで。どんなに遅くとも5年生の2月(6年のカリキュラム開始)までに。

5年の2学期に受験の要となるカリキュラムがあります。この時期にしっかり学ぶために転塾するなら5年の2学期が始まる前までに終えたいです。そうは言っても、6年のカリキュラム開始時期(5年生の2月)に転塾してくる子は、我が子が通う早稲アカ校舎にもいました。この時期が最後かなと思います。

今の塾ではできていないことが転塾先で本当にできるようになるのか? (問題が解決するのか) を検討。

特に学力が思うように上がらない、というお子さんの場合、家庭学習に問題があるケースもありますので、よく考えてからにしましょう。

転塾は子供を納得させてから

転塾は子供にとって大きな負担になります。塾に通うのは子供です。子供が希望する塾が学力を伸ばしてくれるとは限らないですが、子供が納得しないのに強引に転塾させるとモチベーションが低下し、かえって成績が下がることになりかねません。

転塾先としての各塾

SAPIX

進度も早く、テキストの難易度も高い(上位層向けレベル)ので、4年生以降の途中から転塾する場合は、最難関クラスの偏差値帯のお子様のみ価値があると思います。

早稲アカ

教材は四谷大塚の「予習シリーズ」を使っているので、四谷大塚からの転塾はしやすいのはもちろん、多くのお子様にとってはSAPIX、日能研のテキストよりも読みやすいはずです。但し、宿題の多さと、先生の熱い雰囲気についていけるかは、体験授業で要確認。

四谷大塚

教材については、「予習シリーズ」を使っているため、上記と同様です。但し、四谷大塚の場合「予習ありきの授業」だそうなので、進め方が合うかは体験授業で要確認です。

日能研

特に中堅レベルの学校を目指すお子様の家庭の満足度は高いようです。比較的進度が遅めなので、授業についていきやすいものの、教材は予習シリーズに比べ面白くない固い感じなので、早稲アカ・四谷大塚からの転塾組はとっつきにくく感じることも。

その他の中小規模塾

大手に比べて指導が手厚いことも多いですが、受験情報やカリキュラム、先生の質はかなりばらつきがあります。その校舎の合格実績を詳しく確認し、慎重に判断しましょう。できればその塾に通っていた受験終了組の保護者からも話を聞けるといいですね。

以上です。 あくまで塾の一部の校舎に通わせたことがある私と、私のまわりの保護者の意見・感想をもとに書いたものですので、必ずしもというわけではありませんが転塾を検討する際の参考にしてください。

転塾は親子ともに結構なパワーが必要になります。くれぐれもよく考えてからにしてください。そして、転塾後は、心機一転、気持ちを切り替えて前向きに頑張ってくださいね。

タイトルとURLをコピーしました